めかぶに含まれる主な栄養素とは ヨード ビタミンK フコイダン アルギン酸 カルシウム フコキサンチン等です

 

ヨードとは

甲状腺腺ホルモンの主原料とされ新陳代謝を促し、成長促進する役割があると言われています

 

ビタミンKとは

出血時に血液を固めまた骨を丈夫に保つ上でも大切な栄養成分といわれています

 

フコイダンとは

コイダンには、細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があるそうです。

また ピロリ菌が胃壁に付着するのを妨げる働き毛母細胞の活性化があるとされています

臭いの元となるアンモニアや硫化水素を包み便として体外に排泄するといわれています

 

アルギン酸とは

摂取したコレステロール・ナトリウムを体外に排出する働きがあるとされています。

胃腸の調子を整え、便を柔らかくし、排便を促す効果があると言われています。

免疫力を高めたり、人体にとって有害な物質を排出したりする効果が期待されています

 

カルシウムとは

骨など体の組織を作ったり、体の調子を整えたりするのに欠かせない栄養素とされています。

めかぶに含まれるヨウ素(ヨード)は基礎代謝を促し、細胞の新陳代謝を活発にします。

そのため、。また、カルシウムも多く含まれているため「骨の形成」や「骨粗鬆症の予防」に効果的と言われています。

 

フコステロールとは

ナトリウムとカリウムのバランスをカリウムのほうへカリウムの方へと持っていくといわれています

 

めかぶの栄養と効果と効能が最近見直されています